鉄筋シャツVS金剛筋シャツ!あなたはどちらを選ぶ?

今、話題になっている金剛筋シャツです。
鉄筋シャツとの違いをキにしている方も多いですね。

というのも、鉄筋シャツも話題になっている加圧シャツです。

金剛筋シャツと、どう違うのでしょうか?

実は、鉄筋シャツも金剛筋シャツも、同じ会社の加圧シャツになります。

メンズキングが、どちらも販売している商品になります。

では、鉄筋シャツと金剛筋シャツは何が違うのでしょうか?

徹底的に検証してみましょう!

 

サイズ展開の違いは?

鉄筋シャツのサイズは、MサイズとLサイズになります。

鉄筋シャツのサイズは、

【Mサイズ】
身長→165cm~175cm
胸囲→88cm~96cm

【Lサイズ】
身長→172cm~182cm
胸囲→93cm~101cm

金剛筋シャツのサイズは、

【Mサイズ】
身長→165cm~175cm
胸囲→88cm~96cm

【Lサイズ】
身長→172cm~182cm
胸囲→93cm~101cm

サイズとしては、全く同じ展開となっています。

 

カラーの違いは?

鉄筋シャツも金剛筋シャツも、カラー展開は同じです。

ブラック(黒)とホワイト(白)の2色です。

ブラックは、プライベートで活躍してくれます。
ホワイトは、仕事のインナーとしても着用できます。

色の違いもありませんね。

 

デザインの違いは?

鉄筋シャツは、丸襟(丸首)。
金剛シャツは、Vネック。

首周りのデザインが、丸襟(丸首)かVネックかの違いがあります。

丸襟(丸首)は、どちらかというとカジュアルな印象になります。
Tシャツなどを思い浮かべてみてください。

ロゴや、キャラクラーなどがプリントされているTシャツは、ほとんどが丸襟(丸首)になります。
この点からも、丸襟(丸首)=カジュアルという印象がありますよね。

鉄筋シャツのように、無地のTシャツではそこまでカジュアルには見えませんが、印象としてはカジュアルになるかもしれません。

また、丸襟(丸首)は、首元が詰まって見えます。
ですので、首が長い人や、細身の人におすすめのデザインとなります。

Vネックは、クール、ドレスライクな印象になります。
首元が見えるため、スッキリし、セクシーな印象もあります。

女性へのアンケートとしては、Vネックの方が好まれる結果となっています。

どんなシーンで着用するかで、デザインを決めるのもいいでしょう。

 

効果の違いは?

鉄筋シャツも、金剛筋シャツも、人間工学的に計算された加圧設計となっています。

しかし、違いもあります。
それは、スパンデック繊維の使用量です。

鉄筋シャツでは、スパンデックス繊維は10%の使用。
混合筋シャルでの使用量は、20%となっています。

スパンデックス繊維の使用量には、2倍もの違いがあります。

加圧力やフィット感は、スパンデックス繊維の使用量で変わってきます。

キツイ加圧力が苦手という方には、鉄筋シャツがおすすめになります。

より多くの加圧力を求めるのなら、金剛筋シャツの方がおすすめです。

 

値段の違いは?

実は、鉄筋シャツも金剛筋シャツも値段には違いがありません。

どちらも、

1枚→3,980円
2枚→7,800円
3枚→11,581円
4枚→15,441円
5枚→19,102円
6枚→22,684円

3枚セットから、送料無料となっています。

まとめると、

【鉄筋シャツ】
デザイン→丸襟(丸首)
スパンデックス繊維→10%

【金剛筋シャツ】
デザイン→Vネック
スパンデックス繊維→20%

の違いがあります。

加圧力が強いのは苦手という人は鉄筋シャツがおすすめです。

より早く効果を実感したいという人は、金剛筋シャツがおすすめです。

鉄筋シャツにしろ、金剛筋シャツにしろ、着用しないと何も変わりません。
あなたにピッタリだと思う方を選んで、着るだけトレーニングを始めてくださいね。

 

鉄筋シャツの詳細はこちら
↓ ↓ ↓
http://menz-store.tekkin.com/
 

金剛筋シャツの詳細はこちら
↓ ↓ ↓
→http://menz-store.com/
 

コメントは受け付けていません。