加圧トレーニングは週1、2回が理想のペース!本当にそれだけでいいの?

加圧トレーニングで効果的に筋肉をつけるには、まず筋肉が成長する仕組みを理解しておく必要があるでしょう。
筋肉の筋繊維は一定の負担が加わるとダメージを受けます。この時に感じるのが筋肉痛です。しかしダメージを受けた筋繊維というのは元に戻ろうとする際に、ダメージを受ける前よりも一回り大きくなって修復される性質があります。こうした修復が反復されることにより、筋肉は徐々に強化されていくという訳なのです。

ここで気を付けなくてはならないのは、ダメージが修復されない状態でトレーニングをしても、筋肉は付かないということです。
一度傷ついた筋肉が元に戻るまでは2、3日くらい時間がかかると言われているので、加圧トレーニングを日課のように取り入れても効果的な筋トレにはなりません。

ですから、加圧トレーニングをするなら、週に1回位の割合で行うのが最も適切だとされており、大抵のトレーニングスタジオでも、これくらいのペースで行うことを薦めているようです。
勿論、各々のスタジオで多少の違いはあるとは思いますし、実際には週2回の方が良いと言われています。ただ、週2回ともなると通うもの大変ですし、コストもかかってしまいます。それが負担になって続けられないのでは意味がないので、結局週1回のペースに落ち着くというのが本当の所の様です。

早く筋力をつけたいと思っている人にとっては、週1回というのは心もとない気がするかもしれませんが、こうした理由で毎日トレーニングを行うのでは意味がないことを理解しておきましょう。

そもそも加圧トレーニングをする女性の殆どは、ダイエットや綺麗な体つくりを目的としている人ばかりでしょうし、むしろボディビルダーのように筋骨隆々とした体になりたいと思って筋トレをする女性は少数派のはずです。ですから週1回でも期待した効果が得られるものと思って取り組んでみて下さい。

第一、短時間での軽い負担のトレーニングで済むといっても、それを毎日続けるのはかなり大変なことです。早くダイエットの効果を実感したい、筋力を鍛えたいと焦る気持ちは分かりますが、そこまで無理をする必要はありません。

それでももっと効率的にトレーニングをする方法はないのかと思うなら、加圧トレーニングにストレッチやウォーキングなどの有酸素運動を加えるとより効果が得やすくなります。具体的には加圧トレーニングをした後に、ストレッチと軽めの有酸素運動を取り入れて、更にその2、3日後にもこれらストレッチと有酸素運動をトレーニングのメニューに追加するのです。これを反復することで、単に加圧トレーニングだけをした時よりも一層効果を上げることが出来ると言われています。

もっと手軽な方法として、毎日着る服の下に加圧シャツを着るという方法もあります。加圧シャツというのは着圧シャツという呼び名もあり、聞いたことがあるかもしれませんが、これならスーツやTシャツの下に着ればよいので簡単でしょう。しかも加圧トレーニングとは違って着るだけなら毎日出来るのです。

こうした方法をうまく組み合わせて、加圧トレーニングの効果をさらに高める工夫をしてみましょう。

コメントは受け付けていません。