加圧トレーニングの秘密。それは成長ホルモン分泌にあり!

最近、トレーニング方法で注目を集めている加圧トレーニング。

筋力アップしたいところの筋肉をベルトで締めて、血流の流れに制限をかけながら筋力トレーニングをすることで筋力がアップするという方法です。
ただの筋力アップだけではなく、加圧トレーニングにはいろいろな要素があります。

加圧トレーニングを行うことで成長ホルモンが分泌されると言われています。この成長ホルモンが分泌されることでより効果的に筋力アップが行えます。

この成長ホルモンは主に組織の成長を促進させる効果と、代謝のコントロールに作用すると言われています。

簡単に組織の成長といっても、様々な事が起こっています。組織の中には沢山の細胞があるので、その細胞を成長させることはもちろん、傷んだ細胞の修復もしてくれます。また、細胞同士の連結をより強くすることもできるので、組織をより強くすることができるのです。

このような作用が起こるので、筋力がついたり、怪我が治ったり、疲れが回復したりします。
組織が強くなったり、回復したりすることでより免疫機能の向上にも繋がります。

また、代謝機能も良くなるので、お肌のツヤやハリがよくなったりとアンチエイジングの効果も期待できます。
だからこそ、加圧トレーニングは多くの女性の中でも取り入れられるトレーニング方法なのですね。

また、代謝機能が良くなればダイエットにも効果があります。成長ホルモンの分泌で体脂肪が貯まりにくくなると言われており、筋力アップすることで脂肪燃焼もされるのでダイエットには効果があります。

成長ホルモンは体に良い働きをしてくれるのですが、成長期には沢山分泌されますが、それ以降はどんどんと分泌が少なくなるので年齢と共に老化してきてしまうのです。加圧トレーニングでより若々しく過ごしたいものですね。

加圧トレーニングは年齢に関係なく行えます。それは低負荷で筋力トレーニングを行うので、体への負担も少なくすむのでとても行いやすいトレーニングです。高齢者であってもリハビリの一環として取り組まれています。

加圧トレーニングすることで、成長ホルモンが分泌されることで、単に筋力アップだけでなく、健康を維持できたり、アンチエイジングやダイエットにも効果があるのでとても人気です。

沢山のメリットがある加圧トレーニングは取り入れるといい効果があらわれますが、専門のスタッフに指導してもらって適切な負荷量で運動しなければいけません。軽い負荷ですが、続けることで効果が期待できるので正しい方法で無理なく続けていきましょう。

コメントは受け付けていません。