加圧トレーニングを高齢者が?ちゃんとした理由があるんです。

加圧トレーニングと聞いてどんないイメージを抱きますか?
筋力トレーニング、もしくはダイエットの為のトレーニングというイメージを持つ人が多いと思います。

加圧トレーニングを行う人は、既に鍛え上げられた筋骨隆々なマッチョマンや美意識の高い人だと思っていませんか?

高齢者が行うイメージをあまり持たれない加圧トレーニングですが、実は高齢者が行っても問題ないとされています。

安全にトレーニングを行うにはどうのような点に注意すればいいでしょうか。

高齢者でも可能?加圧トレーニング方法!

一般的に筋力トレーニングは高齢者にはおすすめできません。
体への負荷がきつく、血管の弾力性や体力の低下しているためです。

しかし、加圧トレーニングは少ない負荷が行う事ができ、短時間で行えるため高齢者に向いていると言えます。

一般的に筋肉量をアップするには成長ホルモンの分泌が必要とされています。
成長ホルモンの分泌は加齢とともに減ります。
成長ホルモンの分泌量の低下が加齢を招くとも言えます。

加圧トレーニングを行うことで成長ホルモンの分泌を増やし、高齢の方でも筋肉量アップを望む事ができるでしょう。
筋肉量増加のほかにも血流を良くしたり、アンチエイジング効果も年齢関係なく期待できます。

高齢者が加圧トレーニングを行う目的は、ハードな筋力トレーニングではありません。
老いとともに衰えていく筋肉を鍛え、成長ホルモンによる老化防止が目的です。

普通のトレーニングでも加圧トレーニングでも同じ効果は期待できますが、加圧トレーニングのほうが短い時間で体への負担も少なく行うことができます。

加圧トレーニングはリハビリの現場でも取り入れられています。
実際に脳梗塞や心疾患を患っている方のリハビリとして加圧トレーニングを用いられています。
一般的な事務では、リスクが高いために断られる可能性のある方たちでも加圧トレーニングは可能と考えられているためでしょう。

一つ注意点があります。必ず専門家の指導のもと行うということです。
加圧トレーニングは専門の資格もあります。

病院以外で加圧トレーニングを行うには、資格をもったトレーナーかどうか確認が必要です。
国家資格ではありませんが、ジムを選ぶ基準の一つとなります。

健康に気を付けていても若い人に比べれば体の機能は低下しています。
目には見えないリスクを抱えてるかもしれません。

健康のために始めた運動でも、後々病気や怪我をしてしまっては元も子もありません。
確実にに正しい方法で行い、健康維持に役立ててください。

コメントは受け付けていません。