加圧トレーニングを行うべき期間とは?最低○ヶ月は継続!

今話題の加圧トレーニングは筋肉をつけることが出来るので、基礎代謝を上げることが出来ます。基礎代謝が上がれば太りにくい理想的な体系を手に入れられるのは嬉しいですね。
筋力アップはもちろんですが、ダイエットにも効果的だといわれているので、多くの人がダイエットメニューの中に加圧トレーニングを取り入れています。

でも、気になるのが、どのくらい加圧トレーニングをすれば効果がでてくるのかということですね。

実際に、加圧トレーニングはどのくらい効果があるのかということも気になります。

何でもですが、人それぞれの体質が違います。なので、一概にどれくらいということは言及できませんが、もともと筋肉量の少ない人はより効果が表れやすい傾向にあります。でも、筋肉量が多い人でも効果はあるので諦めないでくださいね。

加圧トレーニングを行う期間の目安とは?

効果が表れるまでに個人差があるので、違いはありますが、おおよそ早い人で1カ月程度、遅い人でも3~4カ月で効果が表れ始めると言われています。これは、トレーニングの頻度や負荷量によっても効果が表れ方が変わってくるので絶対にこの期間ということではなく、目安だと思って下さい。

ですので、少なくても3カ月程度は継続してみてください。

また、加圧トレーニングによって得られる筋力に関しても、個人差があるのでどのくらい筋力アップするかという数値化はされていないです。

加圧トレーニングは500ミリリットルのペットボトルくらいの負荷が主に行われている負荷量になります。実際にやってみると、こんなに軽くて大丈夫なの?と思うくらいの負荷量で行います。

それでも、元々の筋肉量が少ない人は筋肉痛や内出血といった症状が出てくるので気をつけましょう。

加圧トレーニングは無理矢理血流を制限してトレーニングを行うので、自己流では行わず、専門の知識をもったスタッフなどに指導をしてもらいながら適切な負荷量と方法で行って下さい。

もともとの筋肉量にもよるので、筋肉量が多い人は負荷を感じない場合もあるので筋肉痛などの症状もあらわれないとい人もいます。

でも、筋肉痛や負荷をあまり感じないと思って、加圧トレーニングに疑問を抱く人もいるかもしれませんね。

負荷をあまり感じないし、筋肉痛も表れないからといって効果が期待できないという訳ではありません。きちんと筋肉には負荷がかかっています。

まずは、継続してみることに意味が出てきます。

筋肉が付いているかどうかは中々目で見て分かるまではかなりの時間がかかるので、加圧トレーニングを開始しても中々分からないのが現状です。

でも、汗をかきやすくなっていたり、服のサイズはかわっていないのに体重だけが増えた、基礎体温が上昇したなどといった変化が現れたら基礎代謝が上がっている証拠なので、加圧トレーニングの効果は十分に出てきています。

自分の体の事は案外気が付きにくいので、そういった変化も見落としがちです。

変化にも注意してみるのはいいですが、まずは継続して加圧トレーニングをすることを忘れないでください。

でも、絶対に無理はせず、体調が良くない時は、スタッフに相談したり、加圧トレーニングをお休みしたり、体のケアも大切にしてくださいね。

コメントは受け付けていません。