加圧トレーニングでダイエット!キーワードは「痩せやすい体」に変化!!

加圧トレーニングを行うとダイエットにつながるというのは本当でしょうか?

加圧トレーニングとは、足や腕の付け根に専用のベルトで圧力をかけます。
一時的に、血液の流れを悪くして行うことによって筋肉を素早く低酸素化し、筋繊維を刺激することができるのが加圧トレーニングです。

普段あまり使うことのない代謝に影響しやすい速筋線維を刺激することができるため、様々な効果を得ることができるとされています。

代表的な効果としては、加圧と除圧を繰り返すことによって血管に弾力性が出てきて血行を良くすることができます。

血行が改善されれば病気の予防や、新陳代謝の活発化、冷え性や肩こりの改善につながります。

捻挫や肉離れなどに対して、回復を早めることもできます。

加圧することによって分泌される成長ホルモンが、筋肉などの修復を早めると考えられています。

成長ホルモンがスムーズに分泌されるようになるため、肌のハリやツヤなどにも効果的です。

もちろん筋力アップにもつながります。

軽い負担で高い効果を得ることができるようになっています。

これらのことから、ダイエットにも効果を発揮します。

加圧トレーニングがダイエットになる理由!

筋力アップすることによって、基礎代謝が上がるようになります。

基礎代謝が上がれば脂肪がつきにくくなるため太りにくく、痩せやすい体質作りを行うことができます。

加圧トレーニングダイエットの目的は、痩せるというよりも痩せやすい体を作ることを目的にしているとも考えられます。

筋力アップを目的にしているため、ダイエットをして痩せるよりも筋力アップ効果が大きいことから女性よりも男性に向いている方法といえます。

ただし、筋力アップが目的でついでにダイエットができてしまうということですので、健康を目的にした場合にはあまりオススメできないとされています。

注意したいのが加圧する場所を間違ってしまったり、やり方を間違えてしまうと痩せられないため注意が必要です。

加圧トレーニングは、筋肉をつけるための無酸素運動になります。

無酸素運動は、これだけでは痩せにくい運動のため、痩せるためにはこのトレーニング以外にも脂肪を燃やすことのできる有酸素運動を行うことが大切となります。

また、カロリー管理を行うことも必要です。

加圧トレーニングは、あくまでも痩せやすい体作りを行うためであることを理解して行います。

また、やりすぎてしまうと部分的に太く見えてしまうこともあるため、やりすぎないように気をつけます。

正しいやり方によって効果が出るため行う場合には、きちんと経験と知識のあるトレーナーに指導を受けることをオススメします。

コメントは受け付けていません。