腹筋を鍛えると、腰痛が治るって本当なのか?

体を鍛えるために、筋トレを行う方もいるでしょう。

腕立てや腹筋、スクワットなどさまざまなトレーニング方法があり、適度に体を鍛えることは、見た目などの改善や、体を引き締める効果なども期待できるため、ダイエットなどをしている方にも有効な手段です。

では、腹筋を鍛えることで、腰痛の改善になるのでしょうか?

結論から言うと、腹筋で腰痛を治すことはできないが、予防はできるということになります。

基本的にお腹周辺の筋肉を鍛えることで、痛みがやわらぐという場合もないとはいいきれませんが、根本的に腰痛の改善になるとは、少し考えにくいという部分もあります。

腰痛を予防するために、ある程度腹筋や背筋を鍛えるというのは有効ではあると考えられています。
ですが、腰痛の状態では、根本的な解決にはならない場合があります。

腰痛の原因がどのようなものであるか。
原因はさまざまですが、腰痛の原因を改善するということが、腰の痛みをやわらげるには有効な手段といえるでしょう。

もし、腹筋や背筋を鍛えるというのならば、腰の痛みなどを予防するために鍛えることは有効です。

重いものを持ち上げたりする時に、筋肉がしっかりと鍛えられていれば、腰への負担などもある程度軽くなり、その分ダメージが軽減されます。

そのため、ぎっくり腰などを防ぐという意味でも、筋トレにより、しっかりとお腹、腰周辺の筋肉を鍛えておくというのは、重要です。

また、腰の痛みで悩んでいる場合には、まず生活のなかで腰の痛みにつながる原因を探り、腰への負担を減らすような改善をしていくことが重要です。

腰痛が酷い場合には、医療機関などで適切な治療をしてもらうほうが、痛みをやわらげる近道になるといえるでしょう。

腰の痛みの状態にもよりますが、かなりの痛みが出ている場合には、生活に支障がでることもあります。

そのため、普段からできるだけ腰の痛みにつながらないように、対策や予防をしていくことを心がけていくということも大切です。

生活に支障が出るレベルになると、何かと不自由な思いをすることになり、ちょっとした荷物を運んだり、普段のなにげない動作においても、痛みに顔をゆがめるような状況での生活は、それなりにつらいものがあります。

腰痛の状況が悪化する前から、しっかりと医療機関などを利用して、治療を行うこと。
また、腰の痛みなどが、まだでていない方の場合には、しっかりと予防を日々、心がけながら生活をしていくということも大切なことです。

痛みがでるとかなり生活などで苦労することも多くなります。

悪化しないように、また、できれば、腰の痛みに悩む前にしっかりと予防を心がけることが重要です。

コメントは受け付けていません。