ランニングで腹筋も鍛えよう!ただ走るだけでいいのか?!

腹筋を鍛えるにはどうすればいいと思いますか?

多くの方が筋トレの「腹筋」と答えるのではないでしょうか。

実は、ランニングでも腹筋が鍛えられるのをご存知ですか?

走るだけで腹筋が鍛えられるなんて、ちょっと信じられないかもしれません。

ですが、ランニングを正しく行うことで、腹筋は鍛えられるのです。

なぜランニングで、腹筋が鍛えられるのか?

腹筋は、本来誰でも割れているのです。

ですが、脂肪が腹筋を隠してしまうため、割れている所が見えなくなってしまうのです。

割れた腹筋の姿を見るためには、脂肪燃焼が必要になります。

シックスパックといわれるような、ボコボコとしたたくましい腹筋が理想の方は、筋トレも必要です。
ですが、それよりも付いてしまった脂肪を、燃焼させて落とすことの方が重要だったのです。

ランニングでお腹周りの脂肪を燃焼させることで、誰でも割れた腹筋を取り戻すことができます。

ランニングをする時は、大きく呼吸をするのがポイントになります。
呼吸が、腹筋に効くのです。

ランニング中、1分間で10回の呼吸をすることは、腹筋10回に相当します。

30分間つづけると、なんと300回もの腹筋をしているのと同じ効果があるということになります。
走るだけで自然と腹筋が鍛えられるのです。

また、ランニングは全身運動にもなり、脂肪を燃焼させることができます。
大きく呼吸をすることで、腹筋を鍛え、走ることで、脂肪を燃焼させる。

一石二鳥の最強トレーニングといえるのではないでしょうか。

腹筋を鍛えるランニング方法とは?

腹筋を鍛える為のランニングには、3つのポイントがあります。

まず一つ目は、走り方です。

早すぎても遅すぎてもNGです。

少し息が切れるかなというくらいのペースで走るようにしてください。

二つ目は呼吸です。

走っている時、小刻みに呼吸をしがちですが、腹筋を鍛える為には大きく呼吸をするようにしてください。
息を吸う時よりも、吐き出す時に意識をお腹に集中させると効果もアップします。

三つめは時間です。

少し息が切れるくらいのスピードで30分弱くらい走るようにしてください。

もし途中で疲れて息切れしそうになったら、休憩をとりましょう。

無理して続けることのないようにしてください。

今まで腹筋を鍛える為に、自宅で一生懸命筋肉痛にも苦しみながら、腹筋をしていたという方も多いと思います。

ですが、ランニングをするだけで、腹筋を鍛えて脂肪を燃焼させることができます。

ランニングは屋外で行うものなので、気分転換やリフレッシュ、ストレス解消効果も期待できます。
腹筋を鍛えられるランニング。

さっそく次のお休みから始めてみませんか。

コメントは受け付けていません。